SEO(検索エンジンの最適化、Yahoo、Google、MSN上位表示)

ホームページ制作のSEO【検索エンジン最適化】対策

ホームページ制作会社K MARKではお客様のページに合ったSEO対策を提案します。

HTMLの書き方によって、Google(グーグル)やYahoo!(ヤフー)、Live Search(マイクロソフト)などのサーチエンジンの検索結果ページの表示順位を上位に表示されるように工夫することです。
サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示しますが、その際の表示順位はそれぞれのサーチエンジンが独自の方式に則って決定しています。この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増えるため、検索順位を上げるために様々な試みを行なわれています。その様々な技術や手法を総称してSEOと言われています。
具体的なホームページ制作のSEO対策の手法には、ターゲットにするキーワードの適切な選択や被リンク(バックリンク)先サイトの増加などの手段がありますが、サーチエンジンのランク付けのアルゴリズムは年々高度化が進み「攻略」し難くなっており、さらに頻繁に変更が行われ激しく順位の変動が繰り返されています。このためSEOには王道は無く、地道にコンテンツを充実させて認知を広げていく以外に着実な手段は存在しないとも言われています。弊社はそのコンテンツ充実の手助け、その時期その時期に有効と思われる手法をアドバイスしていきます。

今なぜSEOが注目されているのか?

今や企業にとって最大のマーケティング資産と言われるホームページ。インターネットの普及により、今まで受け身であったユーザーが、検索エンジンを使ってアクティブに情報を求める(検索する)ようになりました。Yahoo!の行った調査では、インターネットユーザーの約8割がホームページを知る情報源として検索エンジンをあげています。

PPC広告と比較して、どちらがより効果があるのか?

SEOはオーバーチュアやアドワーズなどのPPC広告や既存のメディア広告に比べて、費用対効果が非常に高いことが魅力です。近年、PPC広告ではクリック単価が高騰し、資本力のある大企業が広告を独占するという傾向が強まっています。しかし、検索エンジンの検索結果で上位表示されることは企業規模とは関係ありません。そのためSEOは小資本でも高い効果が望めるのです。
補足 (PPC広告とは Pay Per Click の頭文字を取ったもので一般に「クリック課金」と呼ばれています。(Cost Per Click の頭文字を取ってCPC広告という言い方もされます。クリック課金型広告では、表示されるだけでは広告主は宣伝費を払う必要はありません。クリックされて初めて宣伝費が発生します。)

企業イメージ・信頼性の向上

SEOの効果の一つに企業のイメージアップ・信頼性の向上が挙げられます。ユーザーは上位に表示されたホームページを見るだけでなく、そのホームページに対して信頼感を持つ傾向があるのです。自社の企業活動にマッチしたキーワードで上位表示されれば、なによりも得がたいユーザーの信頼感までも獲得することができます。
ライバルは“上位表示”で確実に顧客を掴んでいる!このように「ホームページを作ればいい」という時代は終わりました。 検索結果に表示される何百万、何千万件というホームページの中で、どれだけのページが検索した人に見られていると思いますか?上位の2~3ページまでに表示されているホームページしか見ない人が大半を占めます。つまりその中に自身のホームページが表示されなければ見てもらえないのです。
新規顧客の獲得、アクティブユーザーに向けた商品販売、企業イメージアップ等のためには検索エンジンでホームページを上位表示するという「見てもらえるホームページ」の構築・運営が必要となります。